2017/01/13

高木文明の大好きな不良ギャグ漫画今日から俺は!!

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は今日から俺は!!です。
こちらはヤンキーが主人公であるギャグ漫画となっており、バトル漫画としての要素もあります。
男であれば誰しもがハマってしまう魅力があり、高木文明も一気に読んでしまったほどです。

大人気の漫画であり、いわゆる不良ものとなっているのですが、内容は比較的抑えめとなっています。
殺し合いに発展するようなことはなく、下ネタが極端に少ないという部分が特徴となっています。
基本的に主人公達は奥手であり、性描写は皆無となっているため安心して読めるでしょう。

ヤンキー漫画を敬遠しているような方にもおすすめできる漫画となっています。
安心して読める作品であり、随所に織り交ぜられているギャグはとても面白いです。

高木文明はとてもこちらの作品を気に入っており、たとえば嫌なことがあった時にこの作品を読むことによって一気に楽しい気持ちになるでしょう。
魅力的な登場人物達がたくさん出てくる点も特徴であり、みんなクセのある人物ばかりとなっています。

すべてにおいて完璧な人物は登場せず、一見完璧そうに見えてもどこかに欠点を持っているような人物ばかりとなっています。
それぞれのキャラクターに愛着を持つようになるでしょう。

今日から俺は!!:Amazon
51R14VZ3.jpg

スポンサーサイト
2017/01/06

高木文明にとって衝撃的な少女漫画BANANA FISH

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はBANANA FISHです。
こちらは少女漫画の名作として知られており、最近高木文明が読んでみてとてもおもしろいと思いました。
アクションとハードロマンがジャンルとなっており、多くの方の少女漫画のイメージを覆すような内容となっています。

とてもハードであり、衝撃的な展開の連続となっており、少女漫画は恋愛漫画しかないというイメージを持っている人は衝撃を受けるでしょう。
かくいう高木文明も少女漫画に対する固定観念を持っていたのですが、それがこちらを読んでひっくり返りました。

一生涯大切にしていきたいと思えるような漫画であり、どのような方にも絶対に読んでもらいたいと思える作品となっています。
ハラハラドキドキする展開の連続であり、いつ読んだとしても色褪せることのない作品だと思います。

絵がとても上手くて非常にキレイであり、絵を見ているだけでも価値があるでしょう。
舞台はアメリカとなっており、ちょうどベトナム戦争のあった時代の話となっています。
これだけでもハードな展開となっていくことが分かるでしょう。

これからも多くの人達を感動させていく漫画となることは間違いないです。
後世まで語り継いでいきたいと思わせる名作なのです。

トライガン:Amazon
41HEZPBR.jpg

2016/12/30

ブラックジャックによろしくを読んで高木文明は感動しました

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はブラックジャックによろしくです。
こちらは医療漫画と呼ばれるジャンルであり、大学病院や医療現場における現状を描いていきます。
主人公は研修医であり、現在の医療現場のおかしさに直面していきながら主人公が成長していく様子が描かれていくのです。

高木文明がとにかく感動してしまった作品であり、こんな漫画があったのかと驚いたものです。
もっと早くこちらの漫画に出会っていたら良かったなと思えたほど素晴らしい作品でした。
日本の医療の現状についていろいろなことを知ることができます。

これからの医療について高木文明は真剣に考えなければいけないなとこちらの漫画に触れて思いました。
主人公はとても青臭くて世間知らずなのですが、だからこそこの漫画の主人公にはぴったりな存在となっているのです。

組織に対して反抗していく主人公の様子が描かれているのですが、これはまさに著者の分身ともいえるキャラクターとなっています。
著者は漫画家としておそらく出版社という巨大な存在と関わってきた中でいろいろと鬱屈したものがあったのだと思います。
そのような思いがこのような作品として昇華されたのだと思うと感動してしまいます。

高木文明オススメの漫画の中でも特にこのブラックジャックによろしくは読んでもらいたいです。

ブラックジャックによろしく:Amazon
2L.jpg
2016/12/28

BLUE GIANTに高木文明はハマりました

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はBLUE GIANTです。
主人公の高校生がある日ジャズに出会ってサックスプレーヤーを目指すという話となっています。
正統派な音楽作品といえるでしょう。

漫画のためもちろん音は聞こえないのですが、それでも高木文明はこの作品から大きな迫力を受けることができました。
高木文明にはジャズの趣味はないのですが、この漫画を読んだおかげで自分もジャズを聞いてみようと思えました。

夢にむかって突き進んでいく高校生の姿が描かれており、音楽について深く考えさせてくれる内容となっています。
物事を継続していき自分の目標に向かって頑張っていく姿が描かれていてとても気持ちの良い漫画となっています。

また、本物に触れることの大切さを教えてくれた漫画だとも思いました。
主人公のように本物のジャズ演奏を聞いたことをきっかけとして人生が変わることもあるのです。
もちろん、こちらの漫画を読んだことによって大きな衝撃を受けて人生の方向性を変えたという人もいるかもしれません。

ひたすら真っすぐに突き進んでいく主人公の姿を見ていると高木文明は羨ましく感じてしまいます。
どのような年齢の方にもおすすめできる作品であり、きっと楽しく読めるでしょう。

BLUE GIANT公式サイト
415BUO0ccj.jpg

2016/12/15

高木文明が感動したヒメゴト~十九歳の制服~

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はヒメゴト~十九歳の制服~です。
こちらは東京が舞台となっており、セクシャルマイノリティな話が多くなっています。
そのため人を選ぶかもしれませんがけっしていやらさいい作品ではありません。

高木文明はこちらを読んでみてその魅力にどっぷりと浸かってしまいました。
絵はとても上手くて魅力的であり、構成力もあるため違和感なくストーリーに入り込めます。

恋愛漫画であり、性描写もあるのですが、とても読みやすいというのは貴重な作品だと思います。
世界観はハードとなっているのですが、気軽に読むことができるため、この作者は天才だと思いました。

19歳というのは大人でもなくかといって子供でもない微妙な境界線に位置している年齢です。
そんな境界で揺れ動いている大学生三人を主人公とした話となっています。
高木文明が一度読んでみてとても凄いと素直に思うことができた作品です。

まだ読んだことがないという方はぜひとも読んでみてください。
それぞれの人物の生き様が描かれており、愛おしいという気持ちにすらなってくるでしょう。
一度読み始めてしまうと続きがどんどん気になってしまうため、時間に余裕のある時に読み始めることをおすすめします。

ヒメゴト~十九歳の制服~:Wikipedia

4091837778.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。