2016/11/02

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は赤ちゃんと僕です

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は赤ちゃんと僕です。
赤ちゃんと僕は少年漫画ではなく少女漫画です。ただ、男性でも女性でも読むことができる漫画になっています。

ママのいない榎本家で繰り広げられるアットホームな心があったかくなる漫画です。

2歳児の実をなんとか世話する拓也の成長していく様子など見どころ満載の漫画になっています。

高木文明のお気に入りの一冊で、何回読み直しても心が温かくなりますし、感動してしまいます。

子育てから社会問題まで、現在も高い人気がある漫画です。高木文明は、この赤ちゃんと僕で様々なテーマを取り扱っている点も気に入っています。
奥の深い漫画なので、気になるという方は読んでみることをお勧めいたします。

赤ちゃんと僕:Wikipedia
ダウンロード
スポンサーサイト
2016/08/08

高木文明のお気に入りの一冊「デトロイト・メタル・シティ」

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は「デトロイト・メタル・シティ」です。

デトロイト・メタル・シティ」は、お洒落な音楽を好んで聞いていた純朴な青年、根岸崇一が、ひょんなことからデスメタルバンド「デトロイト・メタル・シティ(通称DMC)」のヴォーカル・ヨハネ・クラウザーII世としてデビューしてしまう話です。

それまで全く興味のなかったデスメタルのヴォーカルとして才能を発揮し、デスメタルファンからは悪のカリスマとして祀り上げられていく姿が面白いです。

適当かつデタラメにした行動や発言が曲解され、次第に人気を集めていく過程は爆笑モノです。

主人公の周りには強烈な個性を持つキャラクターも多く、高木文明も、主人公の根岸崇一が咄嗟に繰り出す歌詞やアドリブに何度も笑ってしまいました。

デトロイト・メタル・シティ公式サイト
S__31383554.jpg

2016/05/20

高木文明のお気に入りの一冊「ベルセルク」

おはようございます。笑
漫画大好き高木文明です!

さてさて今回高木文明が紹介するお気に入りの一冊は「ベルセルク」です!
こちらが連載されているのはヤングアニマルですね。
不定期連載ですが1989年から今でも続いてる超大作です!作者は三浦健太郎さんです。

中世のヨーロッパを思わせる舞台に、巨大な剣と様々な仕掛けがある義手を携えた主人公ガッツの復讐を描くダークファンタジーです‼︎
魔法や神、不気味なモンスターなど魅力的なキャラクターが多く描かれ、それらとガッツとの死闘は見ていてとても興奮してきます。
ファンタジーものやバトルものの漫画好きの方にはオススメです。
また現在もまだ不定期で連載されているので、これからの展開も気になるところですね‼︎
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。