2016/06/14

高木文明のお気に入りの一冊「僕のヒーローアカデミア」

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は「僕のヒーローアカデミア」です!

アニメ化で話題を集めている「ヒロアカ」ですが、少年ジャンプ系列で読み切りを掲載し続けた堀越耕平の代表作となっています!!

落ちこぼれの少年緑谷出久が唯一無二のヒーローを目指して成長していく正統派少年マンガとして小中高生〜大人の女性を中心に人気のこの作品ですが、高木文明は電子書籍や週刊誌でなく単行本で読むことをオススメしたいと考えています笑

何故ならこの「ヒロアカ」、単行本に様々な驚きの仕掛けが施されているんです笑

例えば公式ガイドブックのカバーを外すと、一般的なコミックの単色刷りとは異なったフルカラーの別カットが現れるんです!

何度も読み返しているうちに新たな仕掛けを見つけられるドキドキ感も魅力です!!
アニメも放送中なので、そちらも是非!
2016/06/13

高木文明のお気に入りの一冊「HUNTER×HUNTER」

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は「HUNTER×HUNTER」です!

ジャンルとしては序盤こそ冒険活劇ですが、以降は異能力バトル要素が濃くなります。

登場するキャラクターもコロコロ変わります。常時出番があるのは主人公ゴンと親友のキルアくらいです。物語の舞台が変わる度に、主要キャラも次々と入れ替わる、群像劇的な構造になっています。
高木文明的オススメ要素は、バトルの駆け引きの面白さですね。

メインは頭脳戦で、異能力はあくまでそれを補助する役割に過ぎないのがこの作品の特徴です。
「ん?最近じゃ良くある展開だ」と思ってしまう人もいるかもしれませんね。
その元祖の作品の1つです!!
ある意味時代に追いつかれた作品と言えますね。作者が休載ばかりするのが悪いんですが笑
ただ、いまだに追いつかれていない部分もあります。
作品中の圧倒的な心理描写です。
漫画作品ですが、小説的な要素もある名作なんです。
2016/06/10

高木文明のお気に入りの一冊「ジョーカー・ゲーム」

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は「ジョーカー・ゲーム」です!

今期のアニメ!みなさん見てらっしゃいますか?
オススメの漫画を紹介していくブログなのですが実はまだ読んだことがありません。
ただ、たまたまアニメ1話を見て本当に面白くてハマってしまいました。
アニメは普段そんなに執着して見るタイプではないですが「ジョーカー・ゲーム」が火曜の0時30分にあるので毎週待ち遠しくてたまりません!

昭和12年という世界大戦が終わって間もない時期。陸軍中枢部と秘密裏で設立されている"D機関"というスパイが世界中で活躍するお話です。
味方を欺き、敵の裏をかき、世界中を暗躍する・・・。インテリジェンス・ミステリーといわれています。
いやぁ、これは久々に興奮するほどおもしろかったです!近々アニメだけでなく漫画も読みます!

ちなみに、KAT-TUNの亀梨和也主演で映画化もされていたようです。知りませんでした・・・。
2016/06/08

高木文明のお気に入りの一冊「ブラックジャックによろしく」

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は「ブラックジャックによろしく」です!

ドラマ化もされた人気漫画ですから、ご存じの方も多いことと思います。
タイトルからわかるように、若手医師が苦悩しながら患者や医療現場と向き合っていくヒューマニズムあふれる作品となっています!
主人公は高木文明とほぼ同年齢の25歳で、良く言えば希望に満ち溢れているのですが、その反面、理想にそぐわない現実をなかなか受け入れられないところもあります!

高い診療報酬を得られる患者ばかり診察する先輩、派閥抗争に明け暮れる病院内の各部署、理不尽な医療制度など、新人が直面する壁がリアルに描かれています!

それでもあきらめずに自分を信じて前に進む主人公の姿に、高木文明は感銘を受けました!
2016/06/03

高木文明のお気に入りの一冊「そらのおとしもの」

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は「そらのおとしもの」です!
愛玩用エンジェロイドなんてきくと読めるのかなとか?
とかオタク系?なんて思ってしまいそうですがそんなことはありません。

平和が一番をモットーに生きる男子中学生の前に現れた記憶のない天使のイカロスは自称愛玩用エンジェロイドと言っていましたが実は戦闘用で非日常化していく日常を心理描写たっぷりに描いている作品です。

女の子の気持ちの部分などもよく描かれているのにストーリーも日常的にもならずテンポも良く進みギャグも多いのに時に泣けるというなんでも詰まっている作品です。

高木文明は笑って泣けて心の中まで入ってくる登場人物達の気持ちの描写に感動しました!
2016/06/02

高木文明のお気に入りの一冊「るろうに剣心」

みなさん、こんにちは‼高木文明です‼︎すっかり春らしくなってきましたね‼︎

今回高木文明が紹介するお気に入りの一冊は「るろうに剣心」です!知ってる方も多いのではないでしょうか。
1990年代に週間少年ジャンプで連載されていた和月伸宏作の時代活劇漫画ですね。最近では実写映画化され大ヒットしましたね。

明治初期を舞台に、るろうに(流れ者)の緋村剣心を中心に個性的な仲間たちと様々な強敵と戦っていきます。
中でも実写映画化もされた京都編は実在した新選組の隊員なども登場し歴史好きな方は興奮したのではないでしょうか?

高木文明も京都編が1番好きなところですね‼︎もちろんその他のエピソードも面白いし感動しますよ‼︎
みなさん機会がありましたら読んでみて下さいね。魅力的な格好いいキャラクターばかりなので女性にもおすすめです!
2016/06/01

高木文明のお気に入りの一冊「ヒカルの碁」

最近読んだ本で、面白くて一気に読んだ漫画を紹介しますね。
高木文明が紹介するお気に入りの一冊は「ヒカルの碁」です!

ヒカルの碁」は、漫画では珍しい囲碁を題材にしています。「囲碁って何?」と感じる人も多いでしょうね。
高木文明も恥ずかしながらその一人です。
簡単に言えば陣取りゲームなんですが、プロの世界があるように非常に奥深い世界です。

ヒカルの碁」では、主人公のヒカルがあることをきっかけに平安時代の天才棋士「藤原佐為」に取り憑かれることから始まります。
最初は訳分からず佐為の言うままに打って、後にライバルとなる「アキラ」に勝ってしまうことでヒカルの人生が大きく変わります。

いつの間にか、日本だけではなく世界の棋士から注目される立場になってしまうんですね。
プロ棋士の厳しい世界を感じてしまいます。

囲碁を知らなくてもヒカルの囲碁の世界にどっぷりとはまることができるので、この本おすすめですよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。