2016/11/15

高木文明の大好きな涼風

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は涼風です。
こちらはすでに完結した作品であり、高木文明は全巻読破しています。
高木文明がとてもハマった漫画であり、誰にでもおすすめできるものとなっています。

男子禁制の女性専用マンションに高校進学で上京してきた主人公が下宿することになるという内容となっており、この設定が高木文明の好みにぴったりでした。
いわゆるハーレム要素満載であり、男であれば一度は憧れる状況でしょう。

設定だけでどのような展開になるのかが予想しやすく、いわゆるラブコメとなっています。
ある意味王道の展開であり、楽しく読み進めることができる方は多いでしょう。
テレビアニメ化されたり、携帯電話向けのゲームが配信されたこともあり人気マンガとなっています。

ただし最初はほのぼのとしたラブコメとなっているのが、だんだんといろいろなドラマ性が生じてくるようになります。
そのため途中でワクワクすることもできて、いろいろな楽しみ方が可能な漫画となっているのです。

絵柄は万人受けするタイプのため、絵が受け付けないという方は少ないでしょう。
ただし男性にとっての都合の良い展開や設定となっているため、女性の方にはあまり受けない可能性もあります。


涼風:Wikipedia
287bb79bd3818b2389fe.jpg
2016/11/11

高木文明がおすすめするヒナまつり

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はヒナまつりです。

こちらは大武政夫による作品であり、ジャンルとしてはギャグやSFの要素が盛り込まれています。
現在も連載中であり、2016年9月時点で11巻が出されています。

高木文明は連載当初から注目していた作品であり、男なら一度は経験してみたい女の子が家に転がりこんできて、同居生活を始めるという場面からスタートします。
ただし、ヒロインであるヒナは複雑なキャラクターであり、少し主人公に同情してしまうこともあるでしょう。

主人公の新田はヤクザなのですが、きちんとゴミの分別をしたりしてしっかり者です。
サイキッカーであるヒロとヤクザである新田とのコンビはある意味お似合いといえるでしょう。

毎回ドタバタが繰り広げられていき、ギャグ漫画としてのクオリティは高くなっています。
楽しく読み進めることができるため、普段ストレスを抱えた生活を送っている方には特におすすめしたいです。

高木文明も嫌なことがあった時にはこちらのヒナまつりを読んでストレス解消しています。
高木文明が最近好きな漫画の中でも特にこちらはおすすめできるものとなっているのです。
青年と少女の組み合わせであり、登場人物はそれぞれ個性豊かな人物ばかりとなっています。

Amazon:ヒナまつり
2016/11/10

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は俺物語です

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は俺物語です。
俺物語は、男子から超モテモテの超大きな大男の剛田猛男のラブコメ漫画です。
シンプルなストーリー展開がされるので、笑いあり感動有りで楽しく読むことのできる漫画だと高木文明は思います。

幼馴染のイケメン・砂川やヒロイン、剛田猛男とキャラクターの魅力満載です。
高木文明はこの漫画の魅力は、キャラクターにあると思っています。

剛田猛男はとても不器用だけど、ヒロインを好きという気持ちで突っ走ったり頑張りすぎてしまうところがありますが、砂川がいつも見守っているという友情もこの漫画の見どころです。純愛物のラブコメ漫画が読みたいと考えている人には、特にお勧めいたします。

マーガレット公式:俺物語!!
俺物語9-2

2016/11/09

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は寄生獣です

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は寄生獣です。
寄生獣は、ちょっとグロい描写もある漫画で世界観はかなり過激ですが主人公とミギーの感動のストーリー展開もあり終始目が離せない傑作です。

寄生生物の中にも言葉が分かるものもいたりとなかなか深いところまで描かれています。主人公とミギーのコンビプレーと見どころ満載の漫画で、涙なしでは見られないと高木文明は感じました。
様々な寄生生物が登場するので、「うわ!こんな寄生生物もいるのか!」と言った驚きもあります。次の展開がかなり気になる漫画です。

高木文明のお気に入りはキャラクターでもあります。ミギーは個人的には可愛いと思いますし、
映画も見に行きましたがなかなかよかったですよ!
オススメです。

寄生獣Wikipedia
wysiwyg_45a875b34980f74df444.jpg
2016/11/08

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はいちご100%です

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はいちご100%です。

いちご100%は、大人気の学園ラブコメ漫画です。
ラブコメ漫画が好きな人は一度は読んだ方が良いほど高木文明もお気に入りの一冊となっています。

ラストヒロインの西野つかさというキャラクターは、高木文明のお気に入りです。
少年誌に連載されていた時は、この西野つかさのきわどいシーンがあり、漫画で読んでもかなり見入ってしまいます。
何回読んでも一コマ一コマに胸が熱くなります。ドラマチックなシーンもあります。

絵の綺麗さ、可愛さも人気です。感動のシーンもありますし、感動有り笑いありのラブコメ漫画が見たいという人にお勧めいたします。

いちご100%だけではなく、河下水希先生の描く女の子は本当に魅力的なんですね。
女の子を描かせたらナンバーワン。
僕のリアルでの女性の好みも河下先生に影響されています。笑
他にも好きな作品があるのでいずれまたこのブログで紹介したいと思っています。

少年ジャンプ+:いちご100%
CgcGJGPWIAQUy7z.jpg

2016/11/04

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はピンポンです

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はピンポンです。

ピンポンは感動シーンが秀逸な卓球と友情の青春マンガです。
卓球漫画ってあんまりないといえるのではないでしょうか?そんな卓球を題材にした漫画という点で、「他の漫画にはない斬新な部分やストーリー展開がある」と感じてこの漫画を読み始めました。

才能があって努力しないペコと勝つ気がないスマイルが高木文明のお気に入りです。
キャラクターの魅力もかなり高い漫画で、負けるということがネガティブに描かれていないのがポイントです。
一般的なスポーツ漫画は、努力をしてスポーツ選手になったりしますが、ピンポンは真逆の展開を楽しむことが出来て、高木文明も感化される事が多く気に入っています。

ピンポン:Wikipedia
ピンポン

2016/11/02

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は赤ちゃんと僕です

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は赤ちゃんと僕です。
赤ちゃんと僕は少年漫画ではなく少女漫画です。ただ、男性でも女性でも読むことができる漫画になっています。

ママのいない榎本家で繰り広げられるアットホームな心があったかくなる漫画です。

2歳児の実をなんとか世話する拓也の成長していく様子など見どころ満載の漫画になっています。

高木文明のお気に入りの一冊で、何回読み直しても心が温かくなりますし、感動してしまいます。

子育てから社会問題まで、現在も高い人気がある漫画です。高木文明は、この赤ちゃんと僕で様々なテーマを取り扱っている点も気に入っています。
奥の深い漫画なので、気になるという方は読んでみることをお勧めいたします。

赤ちゃんと僕:Wikipedia
ダウンロード
2016/11/01

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は宇宙兄弟です

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は宇宙兄弟です。
宇宙兄弟は、宇宙が舞台になった壮大な物語が魅力の漫画です。兄弟宇宙漫画として、かなり本格派なので感動のシーンもありますし、とにかく人気が高いです。

宇宙兄弟の漫画は、幼少時代に星空を眺めていた兄弟が、約束を交わすのですが本当に泣かせます。高木文明は、宇宙兄弟の感動のシーンが大好きなのですが、かなり本格的な漫画で一コマ一コマ見入ってしまいます。

弟は約束どおりに宇宙飛行士になりますが、それからのストーリー展開が絶妙で圧巻です。1巻ずつ読むよりも一気読みしたい漫画ととても評判です。
高木文明と同じく宇宙物に興味がある人は、特に本格的な漫画なので読んでみることをお勧めいたします。

宇宙兄弟:モーニング公式HP
h_ball_007_1.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。