2016/12/30

ブラックジャックによろしくを読んで高木文明は感動しました

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はブラックジャックによろしくです。
こちらは医療漫画と呼ばれるジャンルであり、大学病院や医療現場における現状を描いていきます。
主人公は研修医であり、現在の医療現場のおかしさに直面していきながら主人公が成長していく様子が描かれていくのです。

高木文明がとにかく感動してしまった作品であり、こんな漫画があったのかと驚いたものです。
もっと早くこちらの漫画に出会っていたら良かったなと思えたほど素晴らしい作品でした。
日本の医療の現状についていろいろなことを知ることができます。

これからの医療について高木文明は真剣に考えなければいけないなとこちらの漫画に触れて思いました。
主人公はとても青臭くて世間知らずなのですが、だからこそこの漫画の主人公にはぴったりな存在となっているのです。

組織に対して反抗していく主人公の様子が描かれているのですが、これはまさに著者の分身ともいえるキャラクターとなっています。
著者は漫画家としておそらく出版社という巨大な存在と関わってきた中でいろいろと鬱屈したものがあったのだと思います。
そのような思いがこのような作品として昇華されたのだと思うと感動してしまいます。

高木文明オススメの漫画の中でも特にこのブラックジャックによろしくは読んでもらいたいです。

ブラックジャックによろしく:Amazon
2L.jpg
スポンサーサイト
2016/12/29

高木文明がのめり込んだヤンキー教師漫画

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はGTOです。
テレビドラマ化されており、アニメも人気があったため知っている人は多いでしょう。
元不良の主人公が教師となって数々の問題を解決していくという学園マンガとなっています。
高木文明がとてもはまってしまった作品であり、ギャグシーンとシリアスな部分とのギャップが大きくて面白いです。

実は前作があり、こちらは続編となっているのですが、前作の内容は回想シーンとして語られているため特に前作を知らなくても楽しめます。
高木文明も前作は読んでいないのですが、問題なく楽しむことができました。

教育問題や社会問題などかなりディープな部分も含まれているのが特徴的です。
また、時事ネタがふんだんに盛り込まれていたり、オタクネタも含まれているため、笑えるシーンも多いです。

子供の頃は無邪気に面白く読むことができたのですが、大人になってから読むとまた違った感慨があります。
とても型破りな教師が主人公となっており、新しい学園もの漫画として当時は新鮮だったのでしょう。

笑えるシーンはたくさんあるため、ストレス解消にぴったりです。
エッチな要素もあるのですが、露骨な性描写は避けられているためその点も安心です。


GTO:Amazon
51KV.jpg


2016/12/28

BLUE GIANTに高木文明はハマりました

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はBLUE GIANTです。
主人公の高校生がある日ジャズに出会ってサックスプレーヤーを目指すという話となっています。
正統派な音楽作品といえるでしょう。

漫画のためもちろん音は聞こえないのですが、それでも高木文明はこの作品から大きな迫力を受けることができました。
高木文明にはジャズの趣味はないのですが、この漫画を読んだおかげで自分もジャズを聞いてみようと思えました。

夢にむかって突き進んでいく高校生の姿が描かれており、音楽について深く考えさせてくれる内容となっています。
物事を継続していき自分の目標に向かって頑張っていく姿が描かれていてとても気持ちの良い漫画となっています。

また、本物に触れることの大切さを教えてくれた漫画だとも思いました。
主人公のように本物のジャズ演奏を聞いたことをきっかけとして人生が変わることもあるのです。
もちろん、こちらの漫画を読んだことによって大きな衝撃を受けて人生の方向性を変えたという人もいるかもしれません。

ひたすら真っすぐに突き進んでいく主人公の姿を見ていると高木文明は羨ましく感じてしまいます。
どのような年齢の方にもおすすめできる作品であり、きっと楽しく読めるでしょう。

BLUE GIANT公式サイト
415BUO0ccj.jpg

2016/12/27

高木文明の好きなBLAME!

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はBLAME!です。
こちらは全10巻であり1997年から2003年まで連載されていた漫画となっています。
SFアクション漫画であり、舞台は超未来となっています。

独特な世界観によって構成されている漫画であり、高木文明はこの作品と似たような作品を見たことはありません。
それだけ孤高の存在となっており、唯一無二の漫画といえるでしょう。
高木文明が自信満々におすすめすることができる作品となっているのです。

SFとかサイバーパンクなどというありきたりな形容ではこの漫画を紹介することはできないでしょう。
機械によって構成されたとても無機質な世界の中でストーリーは展開されていくのです。
単に主人公が一人だけで歩いて行く姿を描いた絵だけでも感動してしまうほどのインパクトがあります。

ストーリーも非常に独特となっており、巨大な階層都市の中で目的に向かってただひたすら歩み続ける主人公が描かれているのです。
ストーリーはとても優れており、細部まできちんと描かれているため、一緒に自分も旅をしているような感覚になることができるでしょう。

確固たる世界観が完成されており、けっして読者に媚びることのない力強さを感じることができるのです。

BLAME!公式サイト
9t3eswlmhewufaeebwya.jpeg

2016/12/22

月刊少女野崎くんは高木文明推薦

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は月刊少女野崎くんです。
こちらは大人気の4コマまんがであり、読んだことがない人はぜひとも手にとってください。
高木文明は一気に既刊すべてを買ってしまったほどハマった漫画となっています。
アニメ化もされており、そちらも人気が高くてとても面白かったです。

男子高校生でありながら人気少女漫画家として活躍している主人公とその主人公に惚れているアシスタントの女子高生の二人を中心とした漫画です。
いろいろと個性豊かな人物が登場してくるのが特徴的であり、基本的にコメディタッチとなっています。

作者はそもそも少女漫画家としてデビューしている方であり、初めての4コマまんがとしてこちらを持ち込んだら採用されたそうです。
ストーリー性はそれほどあるわけではなくて、次々と新しいキャラクターが出てくるのですが、とにかく面白い内容となっています。
ギャグのセンスはかなり高いと思います。

ちょっとどこかずれているようなキャラクターが出てくるのが特徴的であり、思わず笑ってしまうことが多いでしょう。
それぞれが勘違いをしてその結果として日常がおかしな方向に進んで行ったりするのです。
何も考えずに笑いたいと思っている方に高木文明がおすすめする漫画です。


月刊少女野崎くん公式HP

月刊少女野崎くん5-1
2016/12/21

高木文明の好きなBLEACH

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はBLEACHです。
こちらはすでに知っている人の多い人気マンガとして有名でしょう。

全部で74巻となっておりかなりのボリュームがある漫画となっています。

高木文明はリアルタイムで楽しんでいたため、とても思い入れのある作品となっています。
高木文明と同世代の人間であれば、こちらの漫画を楽しみにしていた方は多いのではないでしょうか。

内容としては高校生がある日死神として悪霊を退治することになってしまったというストーリーです。
仲間たちと一緒に敵と戦っていくという内容となっています。

基本的にはバトル中心となっており、ストレスなくどんどん読み進めることができるでしょう。

とにかくかっこ良いキャラクターがたくさん出てくるのが特徴となっており、それぞれのキャラクターが個性的です。
絵だけではなくて、セリフ回しとか、演出とか、技の名前などもとにかくかっこ良いのです。

この作者は天才だなと思わせる部分を節々に感じることになるでしょう。

アニメ化もされており、ゲーム化もされていて、とても話題になっている漫画なのです。

ギャグのセンスも良くて、徐々に面白くなっていくため最後にはかなりハマってしまうでしょう。
どのような趣味の方にもおすすめしたい漫画となっています。

BLEACH公式サイト
20120324224503c3e.jpg
2016/12/20

世紀末リーダー伝たけし!は高木文明が笑った漫画

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は世紀末リーダー伝たけし!です。
こちらは一世を風靡したギャグ漫画として有名であり、ハートフルギャグコメディとして語られることもあります。
高木文明が子供の頃にはとても大好きだった漫画なのです。

主人公はたけしであり、基本的には1話読み切り形式のギャグ漫画となっています。
リーダー的存在であるたけしとその仲間達によるとても面白くて時には感動させてくれる漫画となっています。

おっさん顔でランドセルを背負っている主人公のたけしはその見た目がとてもインパクトがあります。
高木文明が初めてこちらの漫画を見た時にはとても大きな衝撃を受けたものです。

ギャグがとても面白いだけではなくて、シリアスな話もあり、きちんとバトル漫画としても面白い内容となっています。
セリフ回しもとても面白くて、個性的なキャラクターばかり出てくるためきっと楽しめるでしょう。

基本的には下ネタが多くて下品なネタも散見されるのですが、感動的な部分も多いです。
とにかく楽しく読める作品となっているため、嫌なことがあった時にはぜひともこちらの作品をおすすめします。
笑いあり涙ありで非常に完成度の高いギャグ漫画になっていると思います。

世紀末リーダー伝たけし!Wikipedia
screen480x480.jpeg
2016/12/19

ドラゴンヘッドは高木文明お気に入りの漫画

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はドラゴンヘッドです。
こちらの漫画は全10巻となっており、累計発行部数は650万分となっている大人気漫画です。

修学旅行帰りの新幹線が大事故を起こしてしまい、それによって生活が一変してしまいます。
極限状態の中で少年たちがどのように生きていくのかが描かれています。
パニック漫画と評されることもありますし、人間の恐怖というものに焦点を当てた漫画ともいえるでしょう。
高木文明がとても好きな漫画であり、とても興味深い内容となっています。

天変地異が起きた時に人はどういう行動に出てしまうのかという点がポイントといえるでしょう。
リアルに描かれている部分が多くて評価が高いのですが、賛否両論があるようです。

恐怖や絶望が襲いかかり、さまざまな心の葛藤がありながらも少年たちは生きていくのです。
一気に読んでしまうような魅力があり、特に人間描写のリアルさについては評価が高いのです。

高木文明のおすすめする漫画の中では異色なものとなっています。
ちなみに実写映画もあるのですが、断然漫画版の方が面白い内容となっています。
1994年から1999年まで連載されていた作品であり、古いと思われる方がいるかもしれませんが、問題なく楽しめるでしょう。


ドラゴンヘッド:Wikipedia
41O2uCtzq0L.jpg
2016/12/18

高木文明が今さらながら北斗の拳を紹介

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は北斗の拳です。
今さら高木文明があれこれ紹介する必要がないほどの人気マンガであり、みなさん知っていることでしょう。
TVアニメやゲーム化もされており、高木文明も昔から北斗の拳のことは知っていました。

しかし、このような有名な作品というのは名前を知っていたとしても、案外読んでいない人も多いのではないでしょうか、
高木文明も実は最近になるまで北斗の拳を読んだことがなかったため、これはいけないと思いチャレンジしてみることにしました。

その結果として北斗の拳にすっかりとハマってしまいました。
キャラクターをいくつか知っていたのですが、こういうストーリーだったのかと感心したものです。

ジャンルはハードボイルドアクションとされており、核戦争によってめちゃくちゃな社会となってしまった世界が舞台となっています。
弱肉強食であり暴力が支配する世界の中で主人公のケンシロウが戦っていくというストーリーとなっています。

少年漫画としては王道な展開であり、かっこ良い決め台詞や独特の断末魔の叫び、あるいは他にはない表現など見どころはたくさんあります。
一大ブームとなった人気マンガのため絶対に面白いと確信を持って勧めることができます。

北斗の拳:オフィシャルHP
北斗の拳
2016/12/17

悪の華に高木文明は衝撃を受けた

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は惡の華です。
高木文明の好きなこちらの漫画は思春期の中学生の男女が話として最初は進んでいきます。
とても作者の思想や嗜好などが色濃く出ているため拒絶反応を起こしてしまう方もいるでしょう。

高木文明は一度読んですぐに全巻を読破してしまったほど衝撃を受けました。
しかし、人によっては受け付けないという方もいるでしょうが、ぜひとも手にとって欲しいです。

惡の華というのは御存知の通りボードレールの詩集のことですが、こちらは別に読む必要はないでしょう。
これまでに惡の華という詩集を読んだことがなかったとしても問題なく楽しめる作品となっています。

思春期の頃のいろいろな感情を思い起こさせるようになっており、人によってはかなりのショックを受けることもあるでしょう。
物語は最終的には主人公の未来まで描かれているため、安心して読み進めることができます。

身を切るような思いをしてしまうような方もいるでしょう。
それぐらい思春期の子供達が持っているダークサイドが描かれており、文学的と評価されることもあります。
とにかく話題作となっているため、漫画好きならば絶対に読んでおくべき作品だと思います。
あなたがこちらを読んでもきっと後悔することはないでしょう。

惡の華:Wikipedia
ダウンロード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。