--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/11/30

高木文明がすぐにのめり込んだげんしけん

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はげんしけんです。
こちらはオタクを題材とした漫画となっており、大学のオタクサークルを舞台にして大学生活の日常が描かれています。
基本的にはコメディとなっているのですが、恋愛漫画的な要素も含まれています。

高木文明もオタク的な要素を持っている人間のためこちらの作品はとても楽しめました。
オタクにとってのあるあるネタが描かれる部分があり、よくオタクのことを理解しているなと思いました。

高木文明はこちらの作品を一気に読み進めることができました。
現在は続編であるげんしけん二代目の方も連載中となっています。

オタクをテーマとした漫画の先駆けのような存在となっており、学生時代を懐かしむ方もいるのではないでしょうか。
表面的にオタクを取り上げているのではなくて、きちんと踏み込んだ内容となっています。
そのためとてもリアルであり、オタクな方が読めばとても楽しめるでしょう。

また、実はオタク以外の人にこそ勧めたい漫画ともなっています。
オタクとはこういう人達なのかということがよく理解できるようになるでしょう。
いろいろなネタが繰り広げられるため、もちろんオタネタに造詣のある人の方が楽しみやすいでしょう。

げんしけん:Wikipedia
w160308n7-2.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。