--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/12/15

高木文明が感動したヒメゴト~十九歳の制服~

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はヒメゴト~十九歳の制服~です。
こちらは東京が舞台となっており、セクシャルマイノリティな話が多くなっています。
そのため人を選ぶかもしれませんがけっしていやらさいい作品ではありません。

高木文明はこちらを読んでみてその魅力にどっぷりと浸かってしまいました。
絵はとても上手くて魅力的であり、構成力もあるため違和感なくストーリーに入り込めます。

恋愛漫画であり、性描写もあるのですが、とても読みやすいというのは貴重な作品だと思います。
世界観はハードとなっているのですが、気軽に読むことができるため、この作者は天才だと思いました。

19歳というのは大人でもなくかといって子供でもない微妙な境界線に位置している年齢です。
そんな境界で揺れ動いている大学生三人を主人公とした話となっています。
高木文明が一度読んでみてとても凄いと素直に思うことができた作品です。

まだ読んだことがないという方はぜひとも読んでみてください。
それぞれの人物の生き様が描かれており、愛おしいという気持ちにすらなってくるでしょう。
一度読み始めてしまうと続きがどんどん気になってしまうため、時間に余裕のある時に読み始めることをおすすめします。

ヒメゴト~十九歳の制服~:Wikipedia

4091837778.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。