--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/12/14

高木文明はぼくらのが好きです

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はぼくらのです。
こちらは2004年から2009年まで連載されていてアニメ化もされています。
舞台は近未来の日本であり、巨大ロボットを操って地球のために少年少女が戦うという王道な展開となっています。

ただし、あらすじを聞いただけではこのぼくらのについての本当の面白さを理解できないでしょう。
普通の漫画ではなく、読み進めるうちに衝撃を受けることは間違いないのです。
実際に高木文明がこちらの漫画を読んだ結果、途中で度肝を抜かれました。

プロットは計算し尽くされており、高木文明は感心しました。

まったく無駄のないプロットであり、それぞれのエピソードには適したキャラクターが配置されています。
それぞれのキャラクターごとにドラマ性があるのが魅力となっているのです。

もちろんその結末については賛否両論があるでしょうが、少なくとも僕は感動しました。
漫画好きならばぜひとも真剣に読んでみるべきものといえるでしょう。

単にロボットバトル漫画だと思って手に取った方はいろいろとショックを受けることになるでしょう。
いろいろな少年少女が出てきており、その子供達がゲームに参加することによって物語が展開していきます。
続きがとても気になってしまう漫画となっています。

ぼくらの:Wikipedia

514.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。