--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/12/30

ブラックジャックによろしくを読んで高木文明は感動しました

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はブラックジャックによろしくです。
こちらは医療漫画と呼ばれるジャンルであり、大学病院や医療現場における現状を描いていきます。
主人公は研修医であり、現在の医療現場のおかしさに直面していきながら主人公が成長していく様子が描かれていくのです。

高木文明がとにかく感動してしまった作品であり、こんな漫画があったのかと驚いたものです。
もっと早くこちらの漫画に出会っていたら良かったなと思えたほど素晴らしい作品でした。
日本の医療の現状についていろいろなことを知ることができます。

これからの医療について高木文明は真剣に考えなければいけないなとこちらの漫画に触れて思いました。
主人公はとても青臭くて世間知らずなのですが、だからこそこの漫画の主人公にはぴったりな存在となっているのです。

組織に対して反抗していく主人公の様子が描かれているのですが、これはまさに著者の分身ともいえるキャラクターとなっています。
著者は漫画家としておそらく出版社という巨大な存在と関わってきた中でいろいろと鬱屈したものがあったのだと思います。
そのような思いがこのような作品として昇華されたのだと思うと感動してしまいます。

高木文明オススメの漫画の中でも特にこのブラックジャックによろしくは読んでもらいたいです。

ブラックジャックによろしく:Amazon
2L.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。