--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/01/20

高木文明の胸を打った封神演義

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は封神演義です。
こちらは全22巻で発行部数が2200万部に達している人気マンガです。
高木文明ももちろんこの漫画はチェックしており、おすすめできる作品として認めています。

古代文明と神の戦争をつなぎあわせた世界観となっており、モチーフとしている封神演義の要素に対してさまざまな改変や翻案、ギャグなどが加わっています。
オマージュやメタフィクション的な要素も含まれているのが特徴的です。

誰にでもおすすめできる少年漫画であり、女性が読んでも楽しむことができるでしょう。
唯一無二といえるような要素が含まれており、他の漫画では感じられない感動を得られます。

高木文明はずっとこの漫画を大切にしていきたいと思っています。
何度読み返してみても胸を打つ場面がたくさんあり、面白い作品となっているのです。

ハラハラする展開もあり、一気に読み進めていくことができて、けっして読者を飽きさせないのです。
壮大なストーリー展開となっており、歴史小説をモチーフにしていながらもSF的な要素もふんだんに盛り込まれています。
ギャグも入り混じっており、シリアスな面とコミカルな面が上手く同居している作品なのです。
大人になってから読んでみるとまた違った感動を得ることができるでしょう。


封神演義:公式サイト
7db0dbdab7ca813bac42fccd66f8a6740000_cover.jpg


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。