--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017/01/31

高木文明が良作と認めたヴァイキング漫画

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はヴィンラントサガです。
現在でも連載中のこちらの作品は北ヨーロッパとその周辺が舞台となっており、時代は11世紀初頭となっています。
ヴァイキングたちの生き様を描いている時代漫画であり、高木文明は興味深く読むことができました。

歴史考証がしっかりとしており、重厚なストーリーが持ち味となっています。
アクション的なシーンがあり、陰謀や人間関係の複雑さが描かれていたり、エンターテイメント作品として楽しめます。
特に事前知識がなくても読み進められるため、高木文明も安心してのめり込めました。

絵のクオリティは非常に高くて、リアリティのあるストーリー展開となっているため、大人も楽しめる漫画です。
とてもすがすがしくて潔い主人公の生き様には感動してしまいます。
このような生き方をしてみたいなと憧れてしまうほどです。

とても重みのある作品であり、ぜひともじっくりと読み進めてもらいたいです。
後世の残ることになる名作となるでしょう。

読み応えのある漫画であり、軽い作品ばかりに飽きてきたという方にはおすすめです。
退屈することはなくて、どんな趣味を持っている人でもハマることができるでしょう。
良策として高木文明が太鼓判を押します。


ヴィンラントサガ:Amazon
51H.jpg




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。