--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/05/26

高木文明のお気に入りの一冊「黒子のバスケ」

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は「黒子のバスケ」です!

言わずもがな高校バスケを題材にした作品ですが、高木文明は主人公が主人公らしくないというのが特徴だと思います!

小柄で目立たないことを逆手に取った影を武器にした主人公がその出身中学であった100人越えのバスケ部の中で10年に一度の天才が5人というキセキの世代と呼ばれる仲間達を倒し高校で出会った仲間を光として共に日本一を目指すというストーリーです。

主人公はキセキの世代の5人ではないものの幻の六人目、シックスマンということもあり主人公らしからぬキャラクターながらしっかりど実力は持っています。

その控えめな主人公を引き立てる周りの人物のキャラの立ち方も素晴らしく読んでいても影の薄い主人公はしっかりと役割を持っているのがよくわかります。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。