--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/07/26

高木文明のお気に入りの一冊「DEAR BOYS」

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は「DEAR BOYS」です。

「DEAR BOYS」は高校バスケットボールをテーマにしたマンガで、アニメ化もされた人気作です。暴力事件を起こしてバスケットボールから離れていたメンバーたちを再集結させ、全国優勝を目指します。
主人公の哀川和彦は身長175cmながら脅威の身体能力を誇り、らくらくダンクシュートを決めてしまうほどです。
天真爛漫な哀川が転向してきたことで、バスケットから離れていたメンバーたちの心に変化が現れ、再び全国優勝目指して頑張る過程が素晴らしく、作者である八神ひろきの魅力的な絵にも魅せられます。

「DEAR BOYS」を読んでいると、高木文明もこんな青春を送りたかったと思わされるシーンが多く、クライマックスの高校バスケ界の絶対王者・天童子との死闘は漫画誌に残る出来栄えで、多くの人に読んでほしいですね。

DEARBOYSまとめ
dear-boys.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。