--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/07/27

高木文明のお気に入りの一冊「ちはやふる」

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は「ちはやふる」です。
「競技かるた」という聞き慣れないジャンルを題材にした少女漫画です。

かるたというと地味な印象を受けますが、そんなことどうでも良くなるほど、競技かるたって面白いと思わせてくれます!

高木文明は中学生の頃、何句か覚えただけで百人一首は止まってしまっていますが「こんな風な背景があって書かれた句なんだな」とか好きな百人一首を再発見できたりしてなんだか楽しいです。

そして、競技かるたならではの、最初の一字が発声される前に空気の音で動き出すとか、そんなこと可能なの?というほどの「音の世界」に魅了されました。
主人公のちはやと太一と新の三角関係も、これから見どころですね。ぜひ読んでみて下さい!

ちはやふる講談社コミックスプラス
mercurys-store_japonais837-ah194-mc_1.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。