--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/08/01

高木文明のお気に入りの一冊「あひるの空」

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は「あひるの空」です。

「あひるの空」は九頭龍高校(通称、クズ高)のバスケットボール部の活躍を描いたマンガで、試合シーンや高校生たちのリアルな姿を映し出していることで人気を集めました。
主人公の車谷空は身長が153cmしかないにもかかわらず、生まれ持ったバスケットボールのセンスで次々に難題をクリアーしていきます。
車谷空の努力もあって不良たちが更生し、次第にバスケットボールに打ち込んでいく姿は感動的です。
高木文明が好きな点は、「あひるの空」には少年漫画にありがちな必殺技が登場しないところです。

キャラクターは努力することで勝利を掴み、努力の過程で悩むところがリアルです。
高木文明は、等身大の少年たちのスポ根マンガを探している人に「あひるの空」を読んで欲しいです。

講談社コミックスプラス あひるの空
61fa7c7a42c1bcff8f00d9a3082dd576-3-770x579.png

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。