--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/08/02

高木文明のお気に入りの一冊「七つの大罪」

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は「七つの大罪」です。

この漫画は異世界ファンタジーで、王国や騎士、姫といった王道でありながら、キャラクターのオリジナルティが秀逸な作品になります。
過去にアニメ化されているので知っている方も多いでしょうが、いわゆるヒロイックファンタジーの流れでありながら、正義の味方ポジションの主人公たちがそれぞれ「罪」を背負っていることが特徴です。

個性豊かなキャラクターと散りばめられた数々の謎、正統派のストーリー展開でありつつも独創性があって読んでいてワクワクしてきます。

一度、高木文明もこういった世界でヒーローになってみたい、読むと元気と勇気をくれるおすすめの漫画の一冊になっています。


講談社コミックスプラス 七つの大罪

sub1_16.jpg



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。