--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/08/09

高木文明のお気に入りの一冊「クローズ」

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は「クローズ」です。

クローズ」は、鈴蘭男子高校の不良たちを描いたマンガで、映画化もされ大ヒットしました。
主人公の坊屋春道を中心にストーリーは進行し、不良の巣窟である鈴蘭男子高校を制覇することを目指します。

主人公が番長を目指す不良マンガは多いですが、高木文明が感じる「クローズ」の面白さはキャラクターの多様性です。

桐島ヒロミや杉原誠など、かつての敵がケンカを通して互いの実力を認め合い、味方として共闘していくところが魅力です。

迫力のあるケンカシーンがマンガ最大の売りですが、随所に散りばめられているギャグもレベルが高く、ピリピリしたケンカシーンとのコントラストで笑えます。迫力のある不良マンガを探している人は、「クローズ」を読んでみるといいですね。

クローズ Wikipedia

jj.gif
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。