2016/12/21

高木文明の好きなBLEACH

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はBLEACHです。
こちらはすでに知っている人の多い人気マンガとして有名でしょう。

全部で74巻となっておりかなりのボリュームがある漫画となっています。

高木文明はリアルタイムで楽しんでいたため、とても思い入れのある作品となっています。
高木文明と同世代の人間であれば、こちらの漫画を楽しみにしていた方は多いのではないでしょうか。

内容としては高校生がある日死神として悪霊を退治することになってしまったというストーリーです。
仲間たちと一緒に敵と戦っていくという内容となっています。

基本的にはバトル中心となっており、ストレスなくどんどん読み進めることができるでしょう。

とにかくかっこ良いキャラクターがたくさん出てくるのが特徴となっており、それぞれのキャラクターが個性的です。
絵だけではなくて、セリフ回しとか、演出とか、技の名前などもとにかくかっこ良いのです。

この作者は天才だなと思わせる部分を節々に感じることになるでしょう。

アニメ化もされており、ゲーム化もされていて、とても話題になっている漫画なのです。

ギャグのセンスも良くて、徐々に面白くなっていくため最後にはかなりハマってしまうでしょう。
どのような趣味の方にもおすすめしたい漫画となっています。

BLEACH公式サイト
20120324224503c3e.jpg
2016/12/20

世紀末リーダー伝たけし!は高木文明が笑った漫画

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は世紀末リーダー伝たけし!です。
こちらは一世を風靡したギャグ漫画として有名であり、ハートフルギャグコメディとして語られることもあります。
高木文明が子供の頃にはとても大好きだった漫画なのです。

主人公はたけしであり、基本的には1話読み切り形式のギャグ漫画となっています。
リーダー的存在であるたけしとその仲間達によるとても面白くて時には感動させてくれる漫画となっています。

おっさん顔でランドセルを背負っている主人公のたけしはその見た目がとてもインパクトがあります。
高木文明が初めてこちらの漫画を見た時にはとても大きな衝撃を受けたものです。

ギャグがとても面白いだけではなくて、シリアスな話もあり、きちんとバトル漫画としても面白い内容となっています。
セリフ回しもとても面白くて、個性的なキャラクターばかり出てくるためきっと楽しめるでしょう。

基本的には下ネタが多くて下品なネタも散見されるのですが、感動的な部分も多いです。
とにかく楽しく読める作品となっているため、嫌なことがあった時にはぜひともこちらの作品をおすすめします。
笑いあり涙ありで非常に完成度の高いギャグ漫画になっていると思います。

世紀末リーダー伝たけし!Wikipedia
screen480x480.jpeg
2016/12/18

高木文明が今さらながら北斗の拳を紹介

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は北斗の拳です。
今さら高木文明があれこれ紹介する必要がないほどの人気マンガであり、みなさん知っていることでしょう。
TVアニメやゲーム化もされており、高木文明も昔から北斗の拳のことは知っていました。

しかし、このような有名な作品というのは名前を知っていたとしても、案外読んでいない人も多いのではないでしょうか、
高木文明も実は最近になるまで北斗の拳を読んだことがなかったため、これはいけないと思いチャレンジしてみることにしました。

その結果として北斗の拳にすっかりとハマってしまいました。
キャラクターをいくつか知っていたのですが、こういうストーリーだったのかと感心したものです。

ジャンルはハードボイルドアクションとされており、核戦争によってめちゃくちゃな社会となってしまった世界が舞台となっています。
弱肉強食であり暴力が支配する世界の中で主人公のケンシロウが戦っていくというストーリーとなっています。

少年漫画としては王道な展開であり、かっこ良い決め台詞や独特の断末魔の叫び、あるいは他にはない表現など見どころはたくさんあります。
一大ブームとなった人気マンガのため絶対に面白いと確信を持って勧めることができます。

北斗の拳:オフィシャルHP
北斗の拳
2016/11/24

ワールドトリガーに高木文明は衝撃を受けた

高木文明が紹介するお気に入りの一冊はワールドトリガーです。
こちらは2013年に連載がスタートした新しい作品となっています。
異世界から侵略者がやって来て、それと防衛組織との戦いを描いていくSFアクションとなっています。

少年漫画の王道的な作品であり、高木文明の好きな世界観となっているためすぐに楽しめました。
人気マンガとなっており、最新型のSFアクションとして独特の雰囲気となっています。

とても現代的な世界観となっており、漫画の新しさを感じ取ることができるでしょう。
キャラクターに魅力的な人物がたくさん存在していて、高木文明もすぐに気に入りました。

主人公といえるのは4人であり、それぞれが魅力的な特徴を備えたキャラクターとなっています。
単に才能のある者だけが戦うという漫画ではないところが魅力となっており、この作者の上手いところだと思います。

丁寧なストーリー展開となっているためテンポの遅さが気になるという方がいるかもしれません。
しかし、それだけ作者が力を入れているという証拠であり、見どころはたくさん存在しています。
ちょっとしたセリフがとても考えられているなと感じさせる部分が多くなっているのです。
急展開に話が進むということはなく安心してじっくりと読めるでしょう。

最近、休載を発表されましたが、再開を楽しみに待っています!!

ワールドトリガー
P1100898ks.jpg
2016/11/17

高木文明がはまった家庭教師ヒットマンREBORN!

高木文明が紹介するお気に入りの一冊は家庭教師ヒットマンREBORN!です。
こちらはかてきょーと呼ぶのが正しい呼称のためきちんと覚えておきましょう。
高木文明は最初かていきょうしとそのまま呼んでいました。

高木文明が熱中してしまったこちらの漫画は全42巻となっておりかなりのボリュームがあります。
テレビアニメ化もされていて、人気マンガの一つといえるでしょう。
略称はリボーンとなっており、幅広い層から支持されている漫画です。

ダメダメな人生を送っている中学生のもとに家庭教師がやってくるのですが、見た目は赤ん坊であり本業は殺し屋であるリボーンが現れます。
このリボーンは主人公であるツナをマフィアにしようと企んでいるのです。
そんなリボーンによる文字通り命をかけた勉強が始められるのです。

あらすじを読んでも分かるようにこちらはギャグ漫画となっており、登場してくる人物はそれぞれが魅力的となっています。
高木文明も一読しただけですぐにハマってしまいました。

ありえないようなキャラクターばかりが登場するのですが、そもそもギャグ漫画のためそういう小さなことを気にしたら負けなのです。
昔からのある意味王道のギャグ漫画となっており、懐かしさを感じさせる要素も多いでしょう。


家庭教師ヒットマンREBORN!

aaa.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。